Home 日々徒然ブログ ブログ 備前焼の片口
ドームやきものワールドへ行ってきました。
始めていったのですが、たくさんのお客さんがいるので驚きました。

お酒用の1合程度の片口が欲しくてずっと探していたので
せっかくドーム焼き物ワールドへ来たんだから、ここで買おう!
ともくろんで行きました。

お酒を飲むと手元が危なくなるので、
「持ちやすい形の片口」
であることが第一条件です。
できれば液だれしない片口がいいけど、きっとそんな器って数が少ないから
無理ならいいや。

ドーム焼き物ワールドは大規模で、たくさんの窯元さん、問屋さんが参加されていました。
どこのブースから見ればいいのか分からないくらい!
でも片口はお皿に比べれば商品数が少ないし、それに加えて
  • 手の馴染みが良い
  • 1合程度のサイズ
  • 予算内の価格
となるとなかなか、好みの物を探すのはむつかしかったです。

結局購入したのは備前焼。西蔵坊窯さん(岡山県瀬戸内市)です。
この片口を購入した決め手は
「液だれしない」こと。
「できれば水切れの良い、お酒のしずくが垂れない片口がいいけど、無理そうだから、まあいいや。」
と、あきらめていた条件にかなったからでした。
お店の方がしきりに実演して液だれしないことを証明してくださいました^^

片口口がひねってあるのが、液だれしないポイントだそうです。

  •  
備前焼は新婚旅行時にぐいのみを一つ購入し、今も使っていますが
手になじみ、お酒で良いツヤが出てきたので気に入っています。
このぐいのみと同じようにツヤが出るまで使いたいと思います。