Home 日々徒然ブログ ブログ
新しい暖房器具として、火鉢を導入しました。
生まれて初めて使う火鉢です。
火鉢に関する知識がないので、いろいろ調べました。火鉢の使い方

火鉢を手に入れるため、ほうぼう探し回ったのですが
最終的には祖母の家から発掘^^;されました。

火鉢にやかんを載せて、熱燗にすると、やりすぎなほどに雰囲気がいいです。
平日の簡素な夕食でさえ、ステキに見えます。

火鉢と食卓手前が火鉢。奥の掛け軸の下にあるのは三峰園さんでいただいた織部の角皿です。

これまで畳敷きの部屋にちゃぶ台、というだけでも「こだわりの和ライフスタイル」みたいで、気取ってるって人から思われたらヤだな・・・と思っていたのですが、

この秋に簡易床の間、掛け軸、行燈を導入。
冬になり火鉢も追加してしまいました。

人からどう思われるかとヒヤヒヤしますが、
住み心地は大変良くなりました。

赤津焼の器は、私の適当料理でさえ素敵に変身させてくれるのですが
行燈と火鉢が加わり、さらに私の料理をサポートしてくれるようになりました。
世の料理に自信の無い方には、職人さん手作りの器と薄暗い部屋をお勧めします^^v

今年も秋の恒例行事がやってきました。
第25回の赤津窯の里めぐりです。

今日、飽津窯の宮地さんからDMが届きました。

今年の写真は赤津の鎮守さまである、大目神社の拝殿写真です。

天井絵のように、赤津焼の皿が天井に並べられています。
これはすごそうですね。

写真を見た瞬間は、上下逆さまに間違えて写真を撮ったんじゃないかと思ってしましましたよ。

ところで、今回は新しい赤津見どころMAPが完成したのが目玉ニュースだそうです。
赤津窯の里めぐりに行くと、窯元さんの場所が示された赤津散策マップがいただけるのですが、
これが新しくなったということでしょうか?

じつは、これまでの散策マップも毎年同じように見えて、すこしづつリニューアルされていました。
(実は前回まで、毎回同じ地図だとと思ってました・・・)
この散策マップが大幅にリニューアルしたのでしょうかね?
気になります。


窯元まわしのホームページを見たのですが、
今年は飽津窯で、ロクロ実演が行われるそうです。

ロクロ実演と言えば、六兵衛陶苑の加藤大吾さんの見事なロクロ回しが思い出されます。
宮地さんの実演は見たことが無いのでとても楽しみです。
(宮地さんと言えば、芋を焼いているか、かき氷を作っているか、サックスを吹いているところぐらいしか
思い浮かばないです。)

そうそう、飽津窯では日曜日に恒例のJazzライブが開かれるそうなので、
これも楽しみですね。
宮地さんのサックスもたいへんお上手になっていると思います。


第25回赤津窯の里めぐり

日程:2009年11月7日(土)〜8日(日)の2日間
場所:愛知県瀬戸市赤津町94-4(赤津焼会館)

赤津窯の里めぐりの詳しい情報は、第25回赤津窯の里めぐりのホームページをご覧ください。


関連窯元リンク

窯元まわし会HP内の飽津窯の紹介ページ
窯元まわし会HP内の六兵衛陶苑の紹介ページ
美山陶房の寺田鉄平さんが栄のラシックで個展を開くそうです。
今日ハガキが届きました。

寺田鉄平個展案内ハガキの裏

前回お会いしたときに、漆を使った器を作っていたので
その作品と思われるものがハガキに乗っています。

赤津釜巡りの時に見させてもらったのですが、
石英の釉薬とは違った光沢があるのだけど、
備前焼の様な無釉の土の風合いもあり、
神秘的な感じがしました。

ハガキの写真は外で撮影したものでしょうか?
その雰囲気がより伝わってくると思います。

黒くて浅めの器の真ん中に、ふわっと白身の刺身を
盛ると良さそうですね。

寺田鉄平 陶展
期間:2009.10.9 Fri ~ 2009.10.22 Thu
場所:名古屋栄 ラシック5F クリエイトスクエア

寺田鉄平さんのブログ

モロコゾの陶芸日記



5月は2つ、陶器まつりへ行きました。
5/4  土岐美濃陶器まつり
5/11 赤津窯の里めぐり

四日市萬古焼まつりへも行きたかったのですが、赤津と同日開催だったので行けませんでした。
次回は日程調整して行ってみたいです。

土岐美濃と赤津のレポートはまた後日アップします~

NHKの番組、美の壷で「陶器と磁器」特集でしたね。
http://www.nhk.or.jp/tsubo/archives.html

上下逆さまに絵付けする唐津焼がおもしろかった。



陶器と磁器の違いについては
この「赤津焼を楽しむ」でも紹介しています。
>> 陶磁器の基礎知識  陶器と磁器


さらに記事を読む...