行ってきました。市之倉陶祖祭&幸兵衛窯蔵出し市

Home 日々徒然ブログ ブログ 行ってきました。市之倉陶祖祭&幸兵衛窯蔵出し市

前回案内した、「市之倉陶祖祭&幸兵衛窯蔵出し市」に行ってきました。

4/8の日曜日に行きました。

途中で雨がぱらついたり、気温が低かったりでちょっと大変でしたが、楽しかったです。

特に気温は直線の金曜日が20℃もあったのに、この土日は10℃程度までした気温が上がらず、曇り空でとても寒く感じました。

9時開始に合わせて、9時15分ごろ、会場駐車場に到着。

会場駐車場

まだこの時間だと、駐車場はガラガラですが、昼過ぎの帰る時間には、ほぼ、いっぱいになっていました。

市之倉の全体はこんな感じです。

市之倉川に沿った山間の開けた東西に長い地形です。左下の飛び地は、ニュータウン団地です。

市之倉地図

メインの幸兵衛窯は後に行くことにして、西の方から歩いて回ります。

東の端から西の端まで2km程度の距離でしょうか。

駐車場からなら、西の端まで歩いても、15分かからない程度の距離感です。

また、巡回バスがグルグル回っているので、ラクに移動することもできます。

巡回バスのバス停

廣千窯さんです。

窯のしたに、染付の飾られた「なにか」が展示されていて、「アヤシイ雰囲気」ですが、

実際に窯元のギャラリーは丁寧な作品が飾ってありました。特に志野の茶碗が良かったです。

廣千窯

八幡神社には、陶器の天井画が奉納されています。

結構見応えがあります・

陶天井

そんなこんなで、幸兵衛窯に到着。

幸兵衛窯には、一旦駐車場に戻って、巡回バスを利用して行きました。

歩いて行っても、10分程度なのですが、子供がバスに乗りたいというので、「わざわざ」バスで移動することになりました。

幸兵衛窯

賑わっていますね。

とりあえず、11時なのでお昼にします。

出店

パン屋さんとカレー屋さんの出店です。

これ以外にも、蕎麦、恵那川上屋、揚げ物、ビールと下手なお祭りよりも充実した出店が並んでいます。

サンドイッチ

まずはパン屋さんの、手作りハムのサンドイッチ。

ハムがおいしいです。ハムというよりパテと言った良い感じの食感と味です。

味付けもサッパリで、レタスとの相性が良かったです。

パンは、噛みごたえがあるタイプ。

パンだけでもおいしいのですが、サンドイッチにすると、噛みづらくてちょっと食べづらいかな。

カレー

これは、カレー。

かなり本格的なカレーです。

2005年に愛知県で開かれた万博のパキスタン館で食べたカレーを思い出します。

香辛料と素材の持ち味だけで作られている感じです。

子供でも食べられる辛さでした。

とんがった部分がないので、一口食べて「おいしい」というタイプではなく、食べていくうちおいしさがじんわりと来るタイプのカレーでした。

そば

手打ちそばも食べてみました。

写真は暖かいそばですが、ざるそばもありました。

この日は、予想より大幅に寒かったため、暖かいそばを食べました。

ちなみに、ざるそばも食べました。

そばの風味が感じされる、おいしいそばでしたね。

細切りですが、ボソボソすることなく、つなぎの小麦粉も少ない感じでしたので上手だと思います。

ただ、出汁は普通でした。そばが良かっただけに、余計にそう感じてしまいます。

染付杯

陶磁器祭りに行った割には、食べてばっかりでしたが、お宝もゲットしてきました。

市之倉には市之倉さかづき美術館があるぐらい、酒器の生産数が日本でも有数な産地です。

磁器の染付から、青磁、陶器の織部や志野、引き出し黒など、なんでもありです。

ないのは、備前焼のような焼き締めぐらいかな。

目にしなかっただけで、探せば焼き締めの酒器もあるかもしれません。

卵との比較

この杯は「喜山窯」で購入したものです。

なんでも、ずいぶん古いもので、手作りの小さな杯です。卵よりも小さいです。

とても薄く作られていて、紙みたいです。

染付の絵も細かくて、染付で描かれた子供は身長2㎝です。

今はとても作ることができないそうです。

以前、外国の方が、煎茶用の器として購入したことがあるそうです。

 

今回もとても楽しいお祭りでした。

赤津の窯の里巡りもそうですが、産地を歩きながら巡れるのが楽しいですね。

次回もぜひ食べに行きたいですね。

訪問者数

mod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_counter
mod_vvisit_counter今日25
mod_vvisit_counter昨日91