Home 赤津焼の世界 7つの釉薬 鉄釉(てつゆう)

鎌倉時代前記に始まったもです。

長石に、近くで産出される水打粘土や鬼板と呼ぶ陶土などの鉄を含んだ土を混ぜますが、焼成の具合により赤褐色から色黒まで、焼き色が変化するのが特徴です。

訪問者数

mod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_counter
mod_vvisit_counter今日152
mod_vvisit_counter昨日139