Home 赤津焼の世界 7つの釉薬 灰釉(かいゆう)

平安時代前期に穴窯で焼かれた際に灰が産み出した自然釉が始まりです。

日本最古の釉薬と言われ、現在では奈良や楓、松などの広葉樹の灰に、長石を混ぜて釉薬を作ります。

訪問者数

mod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_counter
mod_vvisit_counter今日153
mod_vvisit_counter昨日139