Home 赤津焼の世界 7つの釉薬 古瀬戸(こぜと)

鎌倉時代に始められたもので、長石に土灰、水内粘土や鬼板粘土を混ぜて作る鉄釉の一種です。

黒色の上に部分的に茶褐色が現れる独特な風景が茶人にも好まれ、安土桃山時代には茶入をはじめ多くの茶道具が焼かれました。

訪問者数

mod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_counter
mod_vvisit_counter今日26
mod_vvisit_counter昨日96